スポンサーリンク

スマートホーム

Nature Remo E lite 設置

スマートメーターと連携し、リアルタイムに自宅の電気使用量を見ることができる

セットアップ動画

数値は家電の消し忘れや、節電の気付きにもなるので役に立ちそうです。
太陽光、蓄電池、スマートメーター等と連携できる本格的な「Nature Remo E」と、
スマートメーターとの連携のみに対応した「Nature Remo E lite」があります。

Nature Remo E liteがどういう製品かは以下を参照してください。

Nature Remo Eとスマートメーターを連携させるには、電力会社へBルートサービスの利用を申請し、IDとパスワードをもらう必要があります。

申請には1,2週間ほどかかるので、事前に申請を済ましておくとスムーズです。
こちらではスマートメーターの工事がはいり2週間かかりました。

2020/11/16 新電力Symenergy電話
2020/11/30 配電盤工事(関電)
2020/12/3 BルートのID、パスワード到着

BルートのID、パスワードを取得するには以下を参照してください。

BルートのID、パスワードを取得するには

Nature Remo E liteの場合、以下のように記入します。

メーカー: Nature
形式: Remo-4W1
通信規格:「920メガヘルツ帯特定省電力無線方式」

本体は、Nature Remoユーザーへのキャンペーンで9980円で購入できました。

セットアップ手順として

  1. Nature RemoアプリでNature Remo E liteを追加登録
  2. Nature Remo E liteをコンセントに接続
  3. Nature RemoアプリでBルートサービスのIDとパスワードを設定

 

 

スポンサーリンク

-スマートホーム

© 2021 ハートネット