ペットお世話記録アプリ KotetsuChecker2

Pocket

Kotetsu Checker2

私は、小鉄という豆柴をかっています。
家族は、私、妻、娘2人の4人です。
4人共同で子鉄の世話をしていますがいつ誰がどのようなお世話をしたか
確認する必要がありました。そこでKotetsuChecker2というアプリを作成しました。
このアプリは、いつだれがどのようなお世話をしたかを記録します。

0記録できるお世話は、アイコン(ボタンをタップするタイプ)は、以下のものがあります。
 おやつ(Snack)、ごはん(Kibble)、うんち(Poop)、おしっこ(Pee)、散歩(Park)
 歯磨き(Tooth)、ブラッシング(Brush)、お風呂(Shampoo)、爪切り(Nail)、ヘアーカット(Haircut)、お薬(Medicine)
0値を入力するタイプのものは、以下のものがあります。
 体重(Weight)、病院(Hospital)、おでかけ(Place)
 体重であれば値を、病院であればどういう処置をしたか、おでかけはどこまで出かけたかを入力し、送信ボタンをタップします。

たとえば私が朝、散歩させて、うんち、おしっこをしたとします。
そのときに、アプリでそれぞれ散歩、うんち、おしっこのボタンをタップすると
それぞれのアイコンにその日、何回お世話をしたかの回数が表示されます。
ご飯は、1日3回あげています。その回数をみればすでにだけかが
ご飯をあげてくれたかが確認できます。アイコンをタップすると画像がグレー表示に変わり
回数が表示されます。

アイコンタップで回数を1つ増やします。長押しで1つづつ回数を減らせます。

同時に、だれ(ユーザーID)が、いつ(現在時刻)、どのようなことをしたかが
コンピューター(サーバー)上に記録されます。
統計データは、表計算で使用するSpreadsheetというExcelで使用するフォーマットで保存されるため
ダウンロードして、あとで項目ごとにグラフ表示したりできます。
例えば体重を定期的に記録しておけば、どのように体重が増えてきているかが確認できます。
また、一日平均何回うんちしているとか確認できます。

インストール方法

iPhoneの場合

完成版のアプリはApp Storeからのダウンロードとなります。テスト版は、メール中のURLからダウンロードしてインストールしてください。テスト版の場合、設定/一般/デバイス管理 Rappidly Inc を信頼してください。

初期設定

インストール後初回は設定画面が表示されます。
ホーム画面が表示されるときは、”設定画面へ”をタップして以下を入力してください。

  • ペットの名前: 例:こてつ
  • ユーザーID: 例:yuhigashi1

ペットの名前は、日本語、英語でもいいですが家族間で統一しておいてください。Kotetsu,子鉄、こてつは区別されます。

ユーザーIDはユーザー名にはアルファベット(a~z)、数字(0~9)、ピリオド(.)から選んで使用してください。googleのID規則でおねがいします。

テスト版では、以下の項目は、nullのままでいいです。

  • API key
  • base
  • Table Name
  • View Name

入力後”ホーム画面へ”をタップします。

0

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする