google home LINE 読み上げ

Pocket

google homeにLINEしてというとLINEに投稿する。またLINEに投稿があったときに「〇〇さんからLINEです。〇〇。」とgoogle homeが教えてくれるようにしました。

google home notifierは、自宅のlinuxmintサーバー(現在はRaspberry Pi 3)で起動してあります。

1.google homeに「LINE 〇〇」というとIFTTTがよばれるようにIFTTTでNew Appletをクリックして作成しておきます。以下のように作成しました。

URLはgoogle home notifier(example.js)を実行したときに表示されるURLを指定します。

example.jsからLINE Messaging APIにメッセージを送信しLINEグループに送信されます。

2. LINEに投稿があったときにLINE Messaging APIを使用してデータを自宅のgoogle-home-notifierに送信してもらう。

LINE Messaging APIの設定はこちら

webhookは自宅で起動したgoogle-home-notifier(example.js)のURLを指定しておく。googl-home-notifierの設定はこちら

google-home-notiferのexample.jsを修正して作成しました。(LINE読み上げのみ)

example.js

しかし上記のプログラムではbotをグループに入れてもグループメンバーのdisplayNameが取得できませんでした。

修正版がこちら(LINE読み上げのみ)

google homeにLINEしてと話しかけたときLINEグループに投稿する部分を追加したものが以下のようになります。
以下を参考にさせていただきました。
Google Home mini で双方向の音声でのLINE送受信を実現する

node example.js
Endpoints:
http://192.168.10.14:8080/google-home-notifier
https://a31fac61.ngrok.io/google-home-notifier
GET example:
curl -X GET https://a31fac61.ngrok.io/google-home-notifier?text=Hello+Google+Home
POST example:
curl -X POST -d “text=Hello Google Home” https://a31fac61.ngrok.io/google-home-notifier

以下のURLをLINE Messaging API Channel基本設定のWebhook URLに指定する。
https://a31fac61.ngrok.io/google-home-notifier

ngrokに関しては以下を参照してください。a31fac61のところはコマンドを実行するたびにかわります。サブドメインは有料プランを選べば固定にできるようです。詳しくは以下を参照してください。
またあらかじめsign upしておかないと一定期間を過ぎるとトンネルが期限切れになってしまいます。ngrokコマンドをインストールして実行しauthtokenを保存しておく必要があります。

https://dashboard.ngrok.com/get-started

ngrokを使用してローカル環境を外部に公開する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント